#09_happy

●20世紀の重要作家の一人であり、不条理演劇を代表する作家、サミュエル・ベケットが描く二人芝居。だまし絵のような焼けた荒野のなか、50歳くらいの女と60歳くらいの男がいる。女は一幕目腰まで地面に埋まり、二幕目は首まで埋まって、毎日をハッピーに過ごす。2018年9月に出版された長島確の新訳での上演です。(蜂巣もも)

●1/18〜27◎アトリエ春風舎
作◇サミュエル・ベケット
翻訳◇長島確
演出◇蜂巣もも
出演◇岩井由紀子 亀山浩史
〈料金〉予約¥2,500 前半割引¥2,000 当日各¥500増 高校生以下¥500
〈お問い合わせ〉青年団 03-3469-9107(12〜20時)


上記の情報は、1/9発売のえんぶ2月号(15号)に掲載!


えんぶ最新号



kick
shop nikkan engeki