15

●今回のお話は、思春期の少年の憧れ、贖罪とは、科学の進歩と倫理の葛藤……など、なんだか難しい話が絡まって進行します。でも最終的に「家族」とは何かにいきついてしまいそうです。若干二十歳の役者から古希のベテラン役者まで、「家族」と、格好悪くも真剣に向き合っていった結果を舞台にのせます! ぜひ、ご覧ください!(帆足知子/主宰・演出)

●12/6~10◎ワーサルシアタ―八幡山劇場
作◇野村ようすけ
演出◇帆足知子
出演◇ジョニー 温井美里 井上諒 杉本純一 井村昂 他
〈料金〉前売[各種あり]¥500〜¥3,500 ※各種割引あり 当日¥3,800
〈お問い合わせ〉劇団天動虫 101064_info@shiruko.com