このブログにある、全てのメッセージは、主催者の皆さんに書いていただいたものです。
よくよく読んでいただきますと、それぞれの公演の面白さがにじみ出てくる仕掛けとなっております。 お楽しみいただけますと幸いです。

【演劇】カミグセ 『隣の芝生の気も知らないで』

kamiguse

●太宰治の『女生徒』を原案にした今作は、誰かのことを羨ましい私と、私のことを羨ましい誰かとが織りなす、思考がただただ止まらない思春期女子の迷走演劇。「今はわからなくても大丈夫、生きてごらん」と舞台上の少女達に、そして何より昔の自分に言ってあげたくなるようなあたたかさを目指しています。(つくにうらら/作・演出)

●3/31〜4/4◎王子小劇場
作・演出◇つくにうらら(カミグセ)
出演◇嵯峨ふみか(カミグセ) Q本かよ(劇団レトルト内閣) 他
〈料金〉前売一般¥2,800 学生¥2,500 高校生以下¥1,000(前売・当日共) ※当日は各¥500増
〈お問い合わせ〉info@kamiguse.com
〈公式サイト〉http://www.kamiguse.com/

【演劇】TOKYOハンバーグ 『愛、あるいは哀、それは相。』

main_img2

●TOKYOハンバーグ10周年の記念すべき公演は『愛、あるいは哀、それは相。』の再演です。派手さはなく、目新しいものもなく、楽しく笑えるような作品でもないです。ただ、一筋の涙が零れるかどうかといった「心の栄養」をモットーにした、強い普遍性と現代リアルのバランスを保ち、舞台側と客席側を繋ぎます。(制作)

●3/30~4/10◎「劇」小劇場
作・演出◇大西弘記
出演◇西山水木 光藤依里 宇鉄菊三 内谷正文 高畑加寿子 藤原啓児
〈料金〉前売一般¥4,000 学生¥2,500 ※割引あり、詳しくは公式サイトにて。
〈お問い合わせ〉J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11時~18時)
〈公式サイト〉http://tokyohamburg.com/

“お得な”チケットいろいろ販売中!『愛、あるいは哀、それは相。』チケットも日時・枚数限定で販売中!
shop_rogo_l


header_rogo

【演劇】青蛾館 男装音楽劇『くるみ割り人形』

kurumiwari

●寺山修司が書いた作品の中で唯一実現化しなかった、アニメーション映画『くるみ割り人形』。青蛾館はその残された脚本を音楽劇として再構築します。狂喜乱舞する総勢34名の女優たちが放つ、淫靡絢爛のネオアングラ第2弾が開幕します。(野口和美/主宰)

●3/25~31◎東京芸術劇場シアターウエスト
原作◇寺山修司
構成・演出・振付◇スズキ拓朗
音楽◇朝比奈尚行
出演◇宮下今日子 のぐち和美 他
〈料金〉前売¥4,800 22歳以下前売¥3,500 当日¥5,000
〈お問い合わせ〉青蛾館 080-1614-6114
〈公式サイト〉http://seigakan.com/

“お得な”チケットいろいろ販売中!『くるみ割り人形』チケットも日時・枚数限定で販売中!
shop_rogo_l


header_rogo

【演劇】あひるなんちゃら 『ドロボー・シティ』

ahiru

●今回の公演は泥棒の話です。大泥棒が、古代王朝の財宝とか、あなたの心とかを盗んでどうこうっていう話を書いたら、それはオマージュやインスパイアという名の限りなく盗作に近い芝居になってしまうので、小泥棒の話にしました。小泥棒などという言葉は無いと思いますが。「泥棒にも家がある。小泥棒駄弁芝居。70分。」(関村俊介/代表)

●3/25~28◎下北沢駅前劇場
脚本・演出◇関村俊介
出演◇篠本美帆 根津茂尚 野村梨々子 他
〈料金〉予約一般¥2,000 学生¥1,000 予約なし一般¥2,500 学生¥1,500
〈お問い合わせ〉あひるなんちゃら 03-5945-3533
〈公式サイト〉http://www.ahirunanchara.com/

【演劇】(劇)ヤリナゲ 『緑茶すずしい太郎の冒険』

yarinage
●2014年に初演され、賛否両輪を読んだ問題作を「母と子」にクローズアップして改訂します。「出生前診断と中絶」に後ろめたさとナンセンスをまぶした、「ボーイ・ミーツ・マザー」な物語です。端的に言うと、「生むべきか産まざるべきか、それが問題だ/か?」(越寛生/主宰)

●3/24〜28◎王子小劇場
作・演出◇越寛生
出演◇浅見臣樹 伊岡森愛 岡本セキユ 國吉咲貴 津枝新平 中村あさき 他
〈料金〉前売一般¥2,800 学生¥2,500 当日¥3,200
〈お問い合わせ〉(劇)ヤリナゲ 080-1217-9724 yarinage.info@gmail.com
〈公式サイト〉http://yarinage.wix.com/home

【演劇】ミクニヤナイハラプロジェクト 『東京ノート』

tokyo-note

●彼らの行動の裏になにがあったのか? それを理解できてしまう。なにもかも、それはただの瞬間にすぎないのかもしれません。矢内原美邦が演出する『東京ノート』は、時間も距離も、きっと台詞も、猛スピードでかけぬけていく。(矢内原美邦/作・演出)

●3/24〜28◎吉祥寺シアター
演出◇矢内原美邦
作◇平田オリザ
出演◇石松太一(青年座) 稲継美保 笠木泉 門田寛生 川上友里 川田希 他
〈料金〉前売¥2,800〜¥3,500 当日¥3,800
〈お問い合わせ〉プリコグ 03-6825-1223
〈公式サイト〉http://www.nibroll.com/

【演劇】三月企画 『GIFTED』

GIFTED

●知りたくて仕方ない/知った先の自分に出会いたくて仕方ない/もし新しい自分が悩みや絶望に満ちていても/絶望できる心と体があることこそ希望だ/だからたぶん私の子孫は新しい土地を目指して地球を旅立つと思う/いーなー!!/わたしもその景色が見たいぜ、フォーウ!!(野上絹代)

●3/24〜28◎のげシャーレ
作・演出・振付◇野上絹代
出演◇端田新菜(青年団/ままごと) 永島敬三(柿喰う客) 岡田智代 野上絹代 
音楽◇Mother Tereco
〈料金〉前売一般¥2,800 学生¥2,300 当日一般¥3,000 学生¥2,500 他
〈公式サイト〉http://www.kinuyo-marchproject.info/
〈お問い合わせ〉kinuyo.marchproject@gmail.com 080-4187-2624(平日・土10時〜17時)

【演劇】劇団解体社 『夜の果ての夜』

kaitaisya

●20世紀世界文学を代表する巨人でありながらも、「国賊作家」「戦犯作家」として世界中の敵意を買ったルイ・フェルディナン・セリーヌ。彼の残したテキストと向き合いながら、新たな「証言の演劇」の創造を試みる三部作の最終章です。彼の代表作『夜の果ての旅』を中心に取り上げながら、ヨーロッパの根源に迫ります。(森澤友一朗/ドラマトゥルク)

●3/24〜29◎左内坂スタジオ
構成・演出◇清水信臣
出演◇熊本賢治郎 日野昼子 中嶋みゆき 森澤友一朗 杉浦千鶴子 他
〈料金〉前売・当日共¥2,500
〈お問い合わせ〉劇団解体社 03-6674-1290
〈公式サイト〉http://www.kaitaisha.com

【演劇】かわせみ座 『Silent Poems〜モザイク〜』

kawasemiza

●創立34年目を迎えるかわせみ座。新作の小品を含め、人形だからこそ描ける珠玉の小品集をお届けします。台詞を使わずに、イマジネーションをくすぐり、見るものの心にやさしく語りかける舞台表現は、国内と国外で高く評価されています。繊細かつ詩的な大人向けファンタジーをお楽しみ下さい。(山本由也/代表)

●3/21◎座・高円寺2
作・美術◇山本由也
構成・演出◇山本由也 益村泉
出演◇山本由也 益村泉 梶原ゆかこ
〈料金〉大人¥3,500 4歳~12歳まで¥1,500 当日各¥500増
〈お問い合わせ〉かわせみ座 03-3315-3102 information@kawasemiza.com
〈公式サイト〉http://www.kawasemiza.com/index2.html

【演劇】みそじん お座敷公演 『ドアを開ければいつも』

misojin

●総観客動員数1200名突破!! 昨年4月より1年間毎月、同作品を季節毎に台本やキャストを変えて上演してきたみそじんの、ロングランラスト公演! 限定25名のお客様の間近で行うお座敷公演は、まるで覗き見しているみたいと大評判。女優達が体当たりでお届けする四姉妹の一夜の物語、どうか見逃しなく!!(大石ともこ/主宰)

●3/19〜21◎atelier.TORIYOU(築地)
作◇阿藤智恵(〈えんげき〉のじゆうじかん)
演出◇青山勝(劇団道学先生)
出演◇浅野千鶴(味わい堂々) 天乃舞衣子 大石ともこ 志々目遥菜(テアトル・エコー)
〈料金〉前売¥2,800 当日¥3,000
〈お問い合わせ〉misojin.misojin@gmail.com
〈公式ブログ〉http://ameblo.jp/misojin-misojin/
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

kugiri