このブログにある、全てのメッセージは、主催者の皆さんに書いていただいたものです。
よくよく読んでいただきますと、それぞれの公演の面白さがにじみ出てくる仕掛けとなっております。 お楽しみいただけますと幸いです。

【演劇】熱帯 『Mt.Fuji 92.2km』

mtFuji_omotemtFuji_ura

●上演時間もコンパクトで低価格。まさにカジュアルに楽しんでいただける熱帯◎カジュアルです。デザイナーズホテルの8階から東京が一望できる会場には客席がランダムに配置されており、同じ作品にもかかわらず座った場所次第で印象も変わる実験的な作品となってます。19か月ぶりの熱帯をぜひお楽しみください。(黒川麻衣/作・演出)
●9/22~27◎The 8th Gallery(CLASKA8階)※9/22はプレビュー公演
作・演出◇黒川麻衣
出演◇芳賀晶 三土幸敏 相樂孝仁(殿様ランチ) あきやまみみこ 秋山想(TBプラネット) 他
〈料金〉前売¥2,500 当日¥3,000(全席自由)※プレビュー公演のみ¥1,000
〈お問い合わせ〉熱帯 sec@nettai.jp
〈公式サイト〉http://www.nettai.jp/

【演劇】維新派 『トワイライト』

ura

●今年の維新派は、奈良県曽爾村(そにむら)で行います。曽爾村は、奈良県の東北端、三重県境に接し、中心部を流れる川には吊り橋がかかり、初夏にはホタルが舞う美しい山村です。会場はナイター設備のある野球場で、夜には満天の星が降りそそぎます。自然豊かな曽爾村での野外公演をぜひ体験してください。(清水/制作)
●9/19~27◎奈良・曽爾村健民運動場
構成・演出◇松本雄吉
音楽・演奏◇内橋和久
〈料金〉前売・当日共一般¥5,000 学生・ユース¥4,500(全席指定)
〈お問い合わせ〉維新派 06-6763-2634
〈公式サイト〉http://ishinha.com/
omote
chirashi

【演劇】アマヤドリ 『すばらしい日だ金がいる』

header66629

●今回のアマヤドリはズバリ、「うつ」と「競争」のお話です。生きている限り逃れられないであろう「競争」と、それにまつわる「疲れ」を見つめ、競争の中で勝負から降りることを問う意欲作です。劇団員を中心とした充実のキャストでお送りするアマヤドリ、今年最後の本公演。ぜひお見逃しなく!(広田淳一/主宰)
●9/18〜27◎吉祥寺シアター
作・演出◇広田淳一
出演◇笠井里美 渡邉圭介 小角まや 榊菜津美 糸山和則(以上、アマヤドリ)他
〈料金〉前売¥3,800 当日¥4,000 ※各種割引あり
〈お問い合わせ〉アマヤドリ 090-2936-2116 info@amayadori.sub.jp
〈公式サイト〉http://amayadori.sub.jp/

【演劇】あひるなんちゃら 『ピッピピがいた宇宙』

pippipi

●今回の出演者は劇団員だけです。いつもとちょっと違う、なおかつ「これがあひるなんちゃらだ!」というような公演にもなると思われます。ああ! なんてありがちな宣伝文句! でも、実際、そうとしか言いようがないのです。-「地球は青かったのかな。のんびり眺める無重力駄弁芝居。劇団員だけで70分。」(関村俊介/代表)
●9/18~21◎下北沢 OFF・OFFシアター、10/23~25◎ぽんプラザホール
脚本・演出◇関村俊介
出演◇あひるなんちゃら劇団員
〈料金〉予約あり 一般¥2,000 学生¥1,000
予約なし 一般¥2,500 学生¥1,500
〈お問い合わせ〉あひるなんちゃら 03-5945-3533
〈公式サイト〉http://www.ahirunanchara.com/

【演劇】文学座9月アトリエの会 『あの子はだあれ、だれでしょね ―尼崎連続変死事件より―』

あのこ_表あのこ_裏

●息の合った別役実と藤原新平のコンビによる「アトリエの会」20作品目の最新作が登場! 劇作開始以来、一貫して社会の不条理を鋭くえぐり、日常に潜む闇を照射してきた別役実が、2012年に起きた尼崎連続変死事件を題材に、恐怖と狼狽を笑いに変える別役ワールドを文学座アトリエいっぱいに繰り広げます。(制作)

●9/16~30◎信濃町 文学座アトリエ
作◇別役実
演出◇藤原新平
出演◇寺田路恵 吉野由志子 関輝雄 他
〈料金〉前売・電話予約¥4,000 当日¥4,300 ユースチケット(25歳以下)¥2,500
〈お問い合わせ〉文学座 03-3351-7265  info@bungakuza.com/
〈公式サイト〉http://www.bungakuza.com/

【演劇】風琴工房『無頼茫々』

burai

●「無頼茫々」は風琴工房が2009年に初演した、大正時代の新聞記者たちの群像劇です。震災後、新聞やジャーナリズムの意義が改めて問われる場面が続いているなか、極めて現在性に満ちたこの物語を再演することを決意しました。じっくりと編んだ素晴らしい出演者にもご注目ください。(詩森ろば)

●9/12~20◎ザ・スズナリ
出演◇板倉チヒロ 吉増裕司 桑原裕子 酒巻誉洋 とみやまあゆみ 金成均
〈料金〉前売¥3,800 当日¥4,000
〈お問い合わせ〉風琴工房 organ@windyharp.org
〈公式サイト〉http://windyharp.org/

【演劇】On7(オンナナ) 『その頬、熱線に焼かれ』

s06

●女優7人ユニットOn7、待望の第2回公演は劇団チョコレートケーキの古川健・日澤雄介両氏を迎え、望まずして「原爆乙女」と呼ばれた実在の女性たちに迫ります。広島の原爆の被害により顔や身体にケロイドを負った若き乙女たちの、苦悩と逡巡と勇気の物語。どうぞご期待下さい(On7制作)

●9/10〜20◎こまばアゴラ劇場
作◇古川健
演出◇日澤雄介
出演◇On7
〈料金〉前売一般¥3,600 初日・二日目割¥3,200 当日¥400増(全席自由) 大学・専門学生¥2,800 高校生以下¥2,000(要学生証提示)
〈お問い合わせ〉on7onnana@yahoo.co.jp
〈公式サイト〉http://onnana.com/

sonohou_02
sonohou_01

【演劇】梅田芸術劇場 『夜への長い旅路』

asamitanakamitsushimamasuoka

●20世紀のアメリカが生んだ偉大な劇作家であり、ノーベル賞作家でもあるユージン・オニール。本作品は演劇史上最高の自伝劇と言われており、作家自身の凄まじい家族関係を描いた内容から、彼が遺言でその死後25年間発表を禁じたのも頷ける。オニール自身4度目のピューリッツァー賞受賞作品でもある。ユージンの役を満島真之介が演じ、兄に田中圭、母を麻実れい、父を益岡徹が演じる。(制作担当)

●9/7〜23◎シアタートラム(東京)、9/26〜29◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪)
作◇ユージン・オニール
翻訳・台本◇木内昌宏
演出◇熊林弘高
出演◇麻実れい 田中圭 満島真之介 益岡徹
〈料金〉¥8,500他
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 0570-077-039
〈公式サイト〉http://www.umegei.com/schedule/455/

【演劇】表現・さわやか『TanPenChu-♡』

tanpen

●表現・さわやかの番外公演『TanPenChu-♥』はガッツリ恋愛劇! その壁ドン…恋愛? それとも恐喝? その顎クイ…キスの予感? それとも折檻の予兆? 恋することに臆病なあなたにお届けする、バカな恋でアホな愛でなぜか胸キュン公演! 出演陣は、ぶっ飛びビューティー鈴木砂羽。コントの鬼かもめんたる、など豪華! つまり必見!(池田鉄洋/主宰)

●9/5〜13◎赤坂RED/THEATER(東京)、9/18〜21◎HEP HALL(大阪)
作・演出・出演◇池田鉄洋
出演◇鈴木砂羽 岩崎う大 槙尾ユウスケ 浅野千鶴 梅舟惟永 佐藤真弓 他
〈料金〉¥5,800 当日¥300増 他、割引あり。詳細は劇団HPにて。
〈お問い合わせ〉表現・さわやか 070-5456-9283
〈公式サイト〉http://h-sawayaka.com/

【演劇】キ上の空論 『東京虹子、7つの後悔』

kijounokuron

●僕は芝居を作る上で「言葉の音」みたいなのを大事にしていて、いつも思うのが、会話も音楽だよなぁって。そんなわけで、今回の作品も「言葉」と「音」を大事にした作品です。みて、きいて、かんじてほしい。(中島庸介/代表)

●9/3〜13◎三鷹市芸術文化センター・星のホール
作・演出◇中島庸介
音楽◇福岡晃子(チャットモンチー)
出演◇石井舞 藍澤慶子 斉藤ゆき 橘知里 三浦真由 栗又萌 他
〈料金〉前売¥2,500 当日¥2,800 学生¥1,000(前半割引あり)
〈お問い合わせ〉kijyooo@gmail.com
〈公式ブログ〉http://ameblo.jp/kijyooo/
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

kugiri